TOPストーリー > 町の美味しい研究家・森川さんのちょい足しレシピ「だし茶漬け」

うみから ストーリー

町の美味しい研究家・森川さんのちょい足しレシピ「だし茶漬け」

使ったのはコレ!「昆布じめ シイラ」

昆布の風味とほどよい塩分がマッチした昆布じめは、そのままでも充分美味しいのですが、お茶漬けにアレンジするのもおすすめです。今回は出汁茶漬けをご紹介します。昆布の旨味が引き立つ薄味のお出汁をかければ、高級料亭のお茶漬け風に。ちょっとの手間で、うんと美味しくなりますよ。寒い季節はあたたかいお出汁で、暑い季節は冷たいお出汁で、好みや気分に合わせてお楽しみください。

 

簡単!だし茶漬けの「ちょい足し」レシピ

・昆布じめ(シイラ)・・・5切れ 
※昆布締めは半日ほど冷蔵庫で解凍しておく。
・ご飯・・・お茶碗1膳(160g)
・だし汁(顆粒だしの素 お好みで)
・のり
・万能ねぎ(小口切り)
・わさび
・白炒りごま

①だし汁は温めておく。
②お茶碗にご飯を盛り、昆布締めをのせて、のり・ねぎをのせてだし汁を注ぐ
③ごまをふりかけて、わさびを添える。

 

森川さんのコソコソ話

出し汁をつくるのも面倒だなぁ~なんて、ズボラモードのときは普通に緑茶やほうじ茶をかけてもOK!

 

森川さおりさん

「おいしい」を心とからだに。キッチンはおいしい実験室ーDelicious・Labo主宰。

高浜町在住のフードコーディネーターで、食育活動、お料理教室の講師など、町内外で活躍中。また町の食材を使用したレシピの開発にも取り組む。