TOPストーリー > 美しい自然、海の幸、未来へつなげたい高浜の宝物

うみから ストーリー

美しい自然、海の幸、未来へつなげたい高浜の宝物

福井県高浜町の良いところといえば、やっぱり自然。アジアではじめて国際観光認証ブルーフラッグを取得したきれいな若狭和田ビーチ、薬草の宝庫であり登山でも人気を集めている青葉山など、大自然の恵みがいっぱい。食べ物の美味しさも自慢です。特に魚介類は鮮度抜群、海辺の町ならではの贅沢です。今日も、高浜町内の漁港ではたくさんの魚介が水揚げされています。ですが、実はいま、漁業の世界はピンチの時代。漁獲量が減っていること、後継者が少ないこと、魚があまり売れないこと、さらには燃料代の高騰まで、たくさんの問題をかかえています。

チャレンジすることを大切にしたい

海辺に位置する町として、魚の美味しさを知っている者として、高浜の水揚げをなくすわけにはいかない!漁業と二人三脚で歩んでいくために、そして未来につなげていくために2021年「UMIKARA」はオープンします。UMIKARAは、水揚げされたばかりの新鮮な魚が並ぶマーケットを中心に、お客様に美味しい魚を提供する施設。ほかにも、魚を使った新商品の開発や漁師さんとのコラボイベントなど、たくさんの「やってみよう」にトライしていきます。

一歩ずつでもいい。いつか大きな波になる!

数々の問題をパッとクリアするスーパーマンにはなれない。しあわせな未来を約束する魔法使いにはなれない。でも、試行錯誤することはできます。がんばることなら、できます。結果もすぐには出ないでしょう。でもいいんです。一歩ずつでもいいんです。たとえば魚が嫌いな子どもたちが、ひとりでも「おいしい」って言ってくれたらうれしい。切り身の魚しか料理したことのないお母さんが、魚をさばけるようになったら最高。晩ごはんのメインに魚が選ばれることが、ちょっとでも増えたら、両手を振り上げてガッツポーズしちゃいます。そんな、ささいな変化がつみかさなれば、いつか大きな波になる!そう信じて、ただ歩いてみようと思います。